お金の勉強

クレジットカードやキャッシングなどの、お金に関する知識や最新ニュースを紹介するサイトです。

クレジットカードのセキュリティコードってどこに記載のある番号?暗証番号とセキュリティコードはどう違うのかをわかりやすく解説。

f:id:cardmics:20170622214435j:plain

今回は『通販サイトなどでセキュリティーコードを入力しろと言われたんだけど、そんな番号を登録した覚えがない!』という方のために、セキュリティコードとはどんな番号なのかの解説をしてみたいと思います。

基本的には一度、覚えてしまえばその後は迷うことのない番号なので、この機会にしっかりと、セキュリティコードがどこに記載されているかを把握しておいてくださいね。

セキュリティコードは裏面に記載されている:

まず、セキュリティコードは何番なのかというと、これはあなたがお持ちのクレジットカードそのものに記載されているのでそちらをご覧ください。

例えばVISAカードやマスターカード、JCBカードをお持ちの方はクレジットカード裏面の署名欄(サイン欄)の右端にかかれている3桁の数字がセキュリティコード。この数字を通販サイトの支払い画面等に入力をすれば、それでセキュリティコードの認証は終わりです(こちらより画像は転載)。

f:id:cardmics:20140412131344g:plain

アメリカン・エキスプレスのみ表面に存在:

反面、アメリカン・エキスプレス・カードの場合にはカード裏面ではなく表面にセキュリティコードが記載。下記画像のようにカード番号横の4桁の数字がセキュリティコードなので、こちらを支払画面に入力すればOKです。

f:id:cardmics:20140412131102j:plain

ちょっとややこしいので、わかりやすくまとめると下記の通り。基本的にはアメックス以外はすべて裏面で、アメックスのみ表面と思っておけば大丈夫だと思います。

  • VISAカード:裏面の3桁
  • マスターカード:裏面の3桁
  • JCBカード:裏面の3桁
  • アメックス:表面の4桁
  • ダイナースクラブ:裏面の3桁
  • ディスカバーカード:裏面の3桁

楽天カードやイオンカードはどこに記載?

『いやいや、俺が持っているクレジットカードはVISAでもマスターカードでもなく、楽天カードやイオンカードなんだけど?』という方もご安心ください。

みなさんが保有しているクレジットカードには大抵、前述のVISAやマスターカードのマークが表面に掲載されているはず。そのマークを元にセキュリティコードがどこに記載されているかを判断すればそれでOKです。

例えばマスターカードマーク付きの楽天カードなら、裏面の署名欄横にある3桁がセキュリティコードである…といった具合ですね。

覚えてしまえば難しくないセキュリティコード:

f:id:cardmics:20170503091828j:plain

ここまでセキュリティコードの場所や桁数について解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

これでもう、セキュリティコードはどこに印字されているのかで悩むことはなくなると思うので、便利で素敵なクレジットカードライフを送ってもらえればな…と思います。

以上、クレジットカードのセキュリティコードってどこに記載のある番号?暗証番号とセキュリティコードはどう違うのかをわかりやすく解説…という話題でした。