読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金の勉強

クレジットカードやキャッシングなどの、お金に関する知識や最新ニュースを紹介するサイトです。

セブンイレブンでおにぎりが全品100円だったと、大量に買い込んできた親をふと思い出した話。こういう使い方をするとお金は貯まりません。

考え方 節約

Onigiri

セブンイレブンでは今も…ですが、定期的におにぎり全品が100円になるセールを実施していますよね。

ああいう時にうちの親はいつも、『おにぎりが安かったから』という理由で10~20個のおにぎりを買い込んできたもの…なんですが、これ、今思うとかなり勿体無いお金の使い方だなと。

まぁ当時の私(20代の頃)は「よっしゃ、好きなオニギリを食べられる」なんて無邪気に歓迎したものなんですけれども、結局、こういう行為というのは散財にしか繋がらない行為なんですよね。

例をあげると下記のものと一緒です。

  • ミスドの100円セールで、大して食べたくないドーナツまで大量買いすること。
  • 100円均一ショップで不必要なものまでポンポン買ってしまうこと。
  • 100円の回転寿司で20皿、30皿を食べてしまうこと。

安さにつられてお金を使っても意味はない:

そうではなく、本当にその瞬間に食べたいものに対して、例え1個150円であったとしてもそのオニギリを買うことが結果的に節約に繋がります。

  • 100円だからとオニギリを何個も買う
  • 本当に食べたいオニギリだけを買う

なんとなく安くなっているものを買うと節約できた気分になるものなんですが、その選択理由が「安さ」だけだとすると、自分の中の満足感は満たされないことに…。結果、次の無駄な消費に繋がるという悪循環を生むことすらありますね。

100円ショップでも同じ:

100円ショップの例も同じです。自宅に2本、3本とハサミがあるにも関わらず、「そういえばリビングにハサミがないから1本買っておこう」といった具合に、ポンポンと購入しておくと無駄なものが自宅にあふれるだけ。

そうではなく例え100円であったとしても、ほんとうに欲しいもの、必要なものだけを買い揃えるようにすることが、大きな意味でも節約に繋がるのですね。

  • 高くてもほんとうに必要なものだけを買う:節約になる
  • たいして必要でないものを安いという理由で買う:節約にならない

以上、まとまりがまったくない記事になってしまいましたが、昔、セブンイレブンでおにぎりが全品100円だったと、大量に買い込んできた親を思い出した話でした。