お金の勉強

クレジットカードやキャッシングなどの、お金に関する知識や最新ニュースを紹介するサイトです。

楽天ペイ、Square、AirPAYの3大モバイル決済を徹底比較(2017年版)!取扱可能なクレジットカードや決済手数料、入金サイクルを解説。

f:id:cardmics:20170705172233j:plain

携帯電話(スマホ)でクレジットカード決済や電子マネー決済が受付可能になるモバイル決済。

このモバイル決済サービスを提供している主要業者である、楽天ペイ、Square、Airペイの3社を今回は比較した記事を書いてみたいと思います。

『うちの店にもそろそろクレジットカード払いを導入しようかな?』と思う経営者の方は是非、参考にしてみてくださいね。

主要モバイル決済の比較表:

まずはわかりやすく、主要モバイル決済3社の比較表を作ってみました。業界シェアとしては楽天ペイやSquareが一歩リードしている状況ですが、最近ではリクルート系のAirペイも善戦しているのでそれぞれを比較してみてください。

比較項目 楽天ペイ AirPAY Square
本社所在地 日本 日本 アメリカ
提供会社 楽天株式会社 株式会社リクルートライフスタイル Squareup Pte.Ltd
決済担当会社 楽天カード リクルートペイメント 三井住友カード
国際ブランド VISAカード
MasterCard
JCBカード
アメックス
ダイナースクラブ
ディスカバーカード
VISAカード
MasterCard
JCBカード
アメックス
ダイナースクラブ
ディスカバーカード
VISAカード
MasterCard
JCBカード
アメックス
ダイナースクラブ
ディスカバーカード
取扱電子マネー Suica、iD、QUICPay、nanaco、WAON等の取扱を開始予定(早いものは2017年夏より) Suica、iD、QUICPayに対応済み 不可(未定)
入金サイクル 翌日振込(楽天銀行)。その他銀行は出金指示の翌営業日 メガバンク指定で月6回、それ以外は月3回 最短翌営業日
決済手数料 3.24%(JCB、ダイナースクラブ、ディスカバーは3.74%) 3.24%(JCB、ダイナースクラブ、ディスカバーは3.74%) 3.25%(JCBカードのみ3.95%)
振込手数料 楽天銀行であれば無料 無料 無料
導入までにかかる日数 最短3日程度 審査に1~2週間 最短当日から利用可
初期費用 実質無料 実質無料 実質無料
月額費用 無料 無料 無料
サイン決済 可能 可能 可能
暗証番号取引 可能 可能 不可
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

国内発行カードのほとんどが処理可能:

ご覧いただいたように、現状だと扱い可能なクレジットカードブランドは3社ともほぼほぼ一緒。

VISAカード、マスターカード、JCBカード、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、ディスカバーカードの6つのブランドはどこも対応済みなので、日本国内で発行されたクレジットカードのほとんどがこれらのモバイル決済サービスを使うことで処理可能になります。

  • VISAカード:3社ともOK
  • マスターカード:3社ともOK
  • JCBカード:3社ともOK
  • アメリカン・エキスプレス:3社ともOK
  • ダイナースクラブ:3社ともOK
  • ディスカバーカード:3社ともOK

もちろん、それらの国際ブランドが付いているクレジットカードである、楽天カードやイオンカード、ビューカードやエポスカードといったクレジットカードもモバイル決済を導入すれば受付可能になるのでその点もご安心ください。

他、JALカードやANAカード、三井住友カードにセディナカード払いも使えるようになりますよ(日本国内で発行されている99.9%のクレジットカードが使える)。

主要モバイル決済それぞれの特徴まとめ:

次に主要モバイル決済サービスである楽天ペイ、Square、Airペイ3社それぞれの特徴についてもカンタンにまとめていきます。どのサービスを使うかで迷ったら、これらの特徴を考慮した上で選んでもらえればと思います。

楽天ペイの特徴:

2017年現在、モバイル決済サービス(mPOSサービス)の最大手は楽天が運営している楽天ペイというサービスです。

こちらはVISA、マスターカード、JCBカードといった主要クレジットカード決済が受付可能になるのはもちろん、楽天銀行を入金口座として登録すればクレジットカード決済を使われた翌日には入金があるなど、総合力で他社を1歩も2歩もリードしている感じ。

また、2017年夏にはSuicaやPASMO、nanaco、楽天Edyといった電子マネー決済にも対応可能と、これ1台でどんな決済にも対応できてしまう強みが楽天ペイにはあるように思います。

そのため、『どうしても楽天系のサービスを使いたくない!』という方以外は、楽天ペイ利用で間違いなし。実質無料でクレジットカードリーダーが購入できるキャンペーンも展開されているので、そういった意味でもおすすめです。

Squareの特徴:

アメリカ発のモバイル決済であるSquare(スクエア)も、日本国内で有力なモバイル決済サービスのひとつ。

こちらは銀行を問わず、お客さんにクレジットカード払いをされた翌営業日(平日限定)で入金をしてくれるので、楽天銀行以外にしか銀行口座を持っていないよ…という経営者に対しておすすめです。

反面、Squareのデメリットは電子マネー決済への対応が遅れ気味な点。SuicaやPASMO、WAONといった電子マネー決済もついでに自店舗に導入をしたいなら、動きの早い楽天ペイやAirペイを導入したほうがいいかもしれません。その点のみ理解した上で、申し込みをしてもらえればなと思います。

Airペイの特徴:

新興のモバイル決済であるAirペイ(エアペイ)は、日本で始めてSuicaやPASMO決済まで対応したモバイル決済です。

現状ではSuicaなどの交通系ICカード決済、iD、QUICPayといったApple Pay(アップルペイ)対応の電子マネーにすべて対応済みなので、「うちの店はiPhone利用者である20代、30代が多いんだ」という店舗におすすめですね。

但し、Airペイにはデメリットも存在。それは入金サイクルが楽天ペイやSquareよりも遅いという点です。

まぁ遅いといっても据え置き型のクレジットカード決済端末を導入するよりはよほど早いのですが、資金繰りにやや行き詰まってしまっている店舗経営者には少しの遅れも痛手になるものなので、ある程度、手元現預金に余裕のある経営者向け…といったところでしょうか。くれぐれもご注意ください。

モバイル決済を導入しよう:

f:id:cardmics:20170705171655j:plain

ここまで主要モバイル決済3社を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

楽天にアレルギーがなければ楽天ペイで問題ありませんが、それ以外の方はSquareとAirペイそれぞれの特徴を理解した上で、どちらかのモバイル決済サービスを導入してもらえればなと思います。

以上、楽天ペイ、Square、AirPAYの3大モバイル決済を徹底比較(2017年版)!取扱可能なクレジットカードや決済手数料、入金サイクルを解説…という話題でした。