お金の勉強

クレジットカードやキャッシングなどの、お金に関する知識や最新ニュースを紹介するサイトです。

Suicaオートチャージ用にクレジットカードを作るなら、どのビューカードがおすすめ?Apple PayなどでSuicaオートチャージを使おう。

f:id:cardmics:20170519214018j:plain

今回は電子マネーSuicaでオートチャージ機能を使いたい…という方のために、オートチャージに対応したおすすめのクレジットカードを紹介してみたいと思います。

毎回毎回、Suicaの残高不足で止められるのはもううんざりなら、是非、これらのクレジットカード作成を検討してみてください。カードタイプのままでも、Apple Pay(アップルペイ)に登録してもオートチャージ機能が使えますよ。

Suicaオートチャージ向けカード一覧:

ビックカメラSuicaカード:

Suicaのオートチャージ目的でクレジットカードを作るなら、一番おすすめはビックカメラのクレジットカードである『ビックカメラSuicaカード』です。

「へっ?なんでSuicaチャージ用にビックカメラのクレジットカードなんて作らなくちゃいけないの?」と思われるかもしれませんが、実はこのカードはJR東日本系のクレジットカード会社であるビューカード発行のカード。そのため、Suicaチャージでポイントが溜まりやすいなどのメリットが多いカードとなっているんです。

年に1度でも使えば翌年の年会費無料:

また、ビックカメラSuicaカードは、年に1度でも利用すると翌年の年会費がかからいので、Suicaのオートチャージ目的で作成すれば半永久的に年会費がかからない…というメリットもあり。

これら2つを併せると、現時点での一番おすすめのSuicaチャージ用カードになるのですね。もちろんビックカメラを使う予定がない方にも作れるカードなので、安心して申し込みをしてもらえればなと思います。

ビックカメラSuicaカードビックカメラSuicaカード

「ビュー・スイカ」カード:

Suicaオートチャージ用におすすめのクレジットカードは「ビュー・スイカ」カード。

こちらはその名の通り、まさにSuicaチャージ用に作るのに適した1枚なので、『なんとなくビックカメラを使う予定もないのにビックカメラSuicaカードなんて作りたくない』という方はこちらを選ぶと良いでしょう。

尚、なぜ「ビュー・スイカ」カードを2番目におすすめのカードとして紹介したのか…というと、これは「ビュー・スイカ」カードを持つためには年会費が別途かかってしまうため。この点でビックカメラSuicaカードに若干の見劣りがするので、オートチャージ用のクレジットカードとしては2番目なのですね。

「ビュー・スイカ」カード「ビュー・スイカ」カード

ルミネカード:

Suicaオートチャージ用としておすすめのクレジットカード、最後はルミネカードです。

ルミネカードとは説明するまでもなく、JR東日本系の商業施設であるLUMINE(ルミネ)で割引が受けられるカードなわけですが、こちらも残念ながら年会費が必要なクレジットカード。Suicaオートチャージ用のみとして作るには若干の難点があるといえます。

反面、普段からルミネで買い物をしている…という方には、たとえ年会費がかかったとしてもルミネカードがおすすめ。だいたい年に2万円以上の支払いをルミネでする予定があるなら、ビックカメラSuicaカードよりもルミネカードを作ったほうが節約になることでしょう。

ルミネカードルミネカード

イオンSuicaカードはあまりおすすめできず:

f:id:cardmics:20170616220100j:plain

ここまで3枚のオートチャージ用クレジットカードを紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

この他にもイオンSuicaカードなど、他のSuica内蔵クレジットカードもあるのにはあるんですが、当サイト『お金の勉強』としてはあまりおすすめはしません。

理由は単純で、これらのクレジットカードを使ってオートチャージをしたとしても、ポイントがほとんどたまらないため。今回紹介したビューカード系のクレジットカードと比較するとポイントの貯まりやすさが6倍も違うので、節約メリットは雲泥の差ですよ。だったらビューカード一択です。

以上、Suicaオートチャージ用にクレジットカードを作るなら、どのビューカードがおすすめ?Apple PayなどでSuicaオートチャージを使おう…という話題でした。