お金の勉強

クレジットカードやキャッシングなどの、お金に関する知識や最新ニュースを紹介するサイトです。

イオンカード作成にかかる手数料はいくら?年会費は無料だけど、入会金や事務手数料がかかるんじゃないかと心配な方に。

Aeon Mall Makuhari New City

『20日30日は5%オフ♪』のイオンお客様感謝デーで割引が受けられるクレジットカードとして人気のイオンカード。

このイオンカードをこれから作ろうと思っている方向けに、今回はイオンカード作成にかかる費用をまとめてみたいと思います。年会費は無料だけど入会金等が別途かかるんじゃないかと心配な方は是非、参考にしてみてくださいね。

イオンカード作成にかかる手数料:

まず、結論から先にいってしまうと、イオンカード作成にかかる手数料は無料、つまり1円も費用がかかることはありません。

わかりやすく箇条書きにするとこんな感じ。ご覧いただいたけるように、年会費、入会金、事務手数料、解約金、郵送代等をふくめてすべてタダです。

  • 年会費:無料
  • 入会金:無料
  • 事務手数料:無料
  • 郵送代:無料
  • 発行費:無料

ついでにいうとイオンカードは解約時にかかる手数料も0円なので、イオンカードを作成して1年間活用し、その後、不要になったといって解約した場合でも手数料がかかることがない状況なので、すべて無料と思ってOKです。

支払いに使うと手数料がかかるか?

ではイオンカードを買い物等の支払いに使うと手数料がかかるんじゃないか?と思われるかもしれませんが、こちらも原則は無料。一括払いやボーナス一括払いという支払い方法を使い続ける限り、手数料が発生することはありません。

ただし、イオンカードを利用して分割払い(支払いを1度に行うのではなく、回数にわけて支払うこと)やキャッシング(お金を借りること)をした場合には当然ながら金利手数料がかかります。

これはイオンカードにかぎらずその他クレジットカードも同様ですし、世の中一般的な常識でいっても「お金を借りたら金利がかかること」は当然の話なので、詐欺でもなんでもありません。

逆にいえば「お金を借りなければ1円も手数料がかからない」ということもできるため、イオンカードを使うことで手数料なんて払いたくない…という方は、その辺に注意をしつつ、活用して貰えればなと思います(申し込みは下記リンク先より可能)。

以上、イオンカード作成にかかる手数料はいくら?年会費は無料だけど、入会金や事務手数料がかかるんじゃないかと心配な方に…という話題でした。

参考リンク:

1回払いとか分割払いとか、リボ払いとかよくわからない…という方は、下記記事も参考に(私が運営している別サイトの記事)。こちらをご覧いただければクレジットカードではどのような支払い方法が使えるのかがわかります。

news.cardmics.com