お金の勉強

クレジットカードやキャッシングなどの、お金に関する知識や最新ニュースを紹介するサイトです。

自分で稼いだ1万円と、いきなり手に入った1万円の価値は違う…という話。どちらも同じ1万円なので、散財するのはおすすめしません。

f:id:cardmics:20170622214059j:plain

『ちょっとパチンコをやったら1万円儲かった。今夜はパーッと飲みに行こう!』なんて気分が大きくなっている方というのは多いですが、反面、『今日は朝から晩まで働いて1万円手に入った。今夜はパーッと飲みに行こう!』なんて方は少ないもの。

  • 多い傾向:パチンコや競馬で儲かったから飲みに行く人
  • 少ない傾向:働いて稼いだからと飲みに行く人

これは「1万円の価値」がその時、その時で異なるため。特にカンタンに入手できた1万円というのは苦労せずに入手できた分、出て行く時もカンタンに出ていってしまう傾向にあるといえます。

当然ながら1万円の価値は一緒:

とはいえ、当たり前の話ですが苦労して稼ごうがカンタンに入手しようが、本来、1万円の価値は一緒。

それにもかかわらず、容易に手に入ったからといって散財してしまったら非常にもったいないので、お金を貯めたい、金持ちになりたいと思う方はどんな1万円であったとしても同じように扱うようにしてください。

『いやいや、それが出来たら苦労しないよ』と思われた方は、1日頑張って1万円を稼ぐ姿を想像すればOK。また汗水たらして1日頑張らないと手に入らないお金であることを理解すれば、どんな1万円であったとしても散財しようという気にはならないことでしょう。

宝くじの当選金者が破産する理屈と同じ:

ちなみにこの考え方は、宝くじの高額当選者があぶく銭を手にして散財し、結局は破産してしまう…という話とまったく同じ。

結局、人間はカンタンに手に入ったものの価値を考えずに、カンタンに手放してしまう傾向にあるので、こういった悲劇が起きるのですね(下記の書籍なども参考)。

宝くじで1億円当たった人の末路

宝くじで1億円当たった人の末路

 

みなさんはそんなことにならないよう、どんな1万円も1万円であるということをきちんと理解した上で使うようにしてください。入手経緯など関係なく、1万円は1万円ですよ。

以上、自分で稼いだ1万円と、いきなり手に入った1万円の価値は違う…という話。どちらも同じ1万円なので、散財するのはおすすめしません…という話題でした。

参考リンク:

同様に働いて稼ぐ1万円も、投資して稼ぐ1万円も同じ価値。運用できるだけのお金があるなら頭をつかって1万円を稼ぐのもおすすめですよ(資産運用初心者は下記記事などを参照)。

money.yomi-mono.com