読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金の勉強

クレジットカードやキャッシングなどの、お金に関する知識や最新ニュースを紹介するサイトです。

ファッションセンターしまむらが、Suicaや楽天Edyなどの電子マネー決済導入へ!同時にバースデイやアベイルにも導入する意向のようです。

07.22 Shimamura-Tarumi_3

衣料販売大手のファッションセンターしまむらが、約2,000店舗にSuicaや楽天Edy、iDといった電子マネー決済を導入する意向のようです。日経新聞が報じました。

カジュアル衣料大手のしまむらは、国内2000店超で「Suica」など電子マネーに対応する。

年内に子供向け業態で対応し、3年以内に主力の「ファッションセンターしまむら」など全業態全店舗で使えるようにする。広く普及する電子マネーでも支払えるようにして利便性を高める。 

カード払いだけでなく電子マネー決済にも対応:

元よりファッションセンターしまむらや、その別業態であるバースデイ、アベイルといった衣料品販売店では、VISAやJCBといったクレジットカード払いを利用可能でしたが、今回の対応でSuicaやPASMO、楽天EdyやiDといった電子マネーも使えるように。

  • 従来:クレジットカード払いのみOK
  • 今後:クレジットカード払いに加え、電子マネーもOKに

やはりクレジットカード払いだけだと「電子マネーを使いたいのに」とか、「少額決済でカード払いをするのは面倒だ」という層を上手に取り込むことができなかったんでしょうね。多くの方が利用している主要電子マネーを導入することで、更なる売上アップを狙っていく方針みたいです。

電子マネーはコンビニエンスストアで利用できるなど、生活者が日常的に使う決済手段として広がっている。平均1点単価が1000円以下の日常着を販売するしまむらなどでも需要は高いと判断した。

まずは子供向け業態のバースデイから:

尚、しまむらではまず、子供向け業態である「バースデイ」から順次、Suicaや楽天Edy決済を導入し、その後、1,300店舗あるファッションセンターしまむらに導入する…という流れ。

そのため、しまむらでSuica払いが使えるようになるのは遅い場合には2020年頃になってしまうようなので、近所のしまむらで導入されたらラッキーくらいに思っておいたほうが良いかもしれません。とりあえずはクレジットカード払いで我慢しましょう。

以上、ファッションセンターしまむらが、Suicaや楽天Edyなどの電子マネー決済導入へ!同時にバースデイやアベイルにも導入する意向のようです…という話題でした。

参考リンク:

楽天Edyをこの機会に持ってみようかな…という方は下記記事も参考に。楽天Edyカードの入手方法がわかるようになります。

money.yomi-mono.com

2017年4月現在でも、ふるさと納税でパソコンが貰える自治体まとめ!最新デスクトップやノートPCが欲しいなら、早めに納税あるのみです。

NEC LaVie L

今回は2017年4月現在でも、デスクトップパソコンやノートブックパソコンを御礼品としてプレゼントしてくれる自治体をまとめてみました。

総務省の通達により、ふるさと納税経由でパソコンを貰うことは厳しくなりつつありますが、未だに今回紹介する自治体のように配布を継続してくれているところもあるので、『新しいパソコンを実質タダで貰いたい!』という方は、早め早めに納税を検討してもらえればなと思います。

自分がいくらまで納税可能かどうかわからない…という方は、下記サイトを使って寄付可能金額を調べるところからどうぞ。

納税でパソコンが貰える自治体まとめ:

山形県米沢市:

NEC製の最新デスクトップパソコンやノートパソコンが貰える自治体です。納税金額に対するパソコンの質も非常に高いので、今、一番おすすめな自治体でもありますね。

下記のようにふるさと納税の趣旨に則っている…という方針を市として掲げているので、完全に配布中止になることはしばらく考えにくいですが、いつパソコン入手に必要な納税額が引き上げられるかはわかりませんので、早めに越したことはありません。

返礼品としての電化製品の取り扱いについて
本市は、八幡原中核工業団地を擁し、情報関連産業を中心とした東北有数の産業集積地であり、山形県内でも屈指の製造品出荷額を誇っております。ふるさと納税におきましては、「ものづくりのまち」としての本市の特徴を踏まえ、市内において製造等がされた電化製品についても特産品として返礼品に採用してまいりました。

地域経済の活性化と雇用の確保にも大きく影響していることから、当面はこの考え方を継続してまいります。

是非、NEC製のパソコンが欲しいなら、米沢市への寄付を検討してもらえればなと思います。


	ふるさと納税山形県米沢市の寄附返礼品一覧|ふるなび
山形県米沢市の返礼品一覧|ふるさと納税 

長野県飯山市:

長野県飯山市も米沢市同様、自治体の中にパソコンメーカー「マウスコンピューター」の工場を抱えているため、ふるさと納税によるパソコンの配布を続けています。

ただこちらも総務省の通達によって、一度、配布そのものを取りやめてしまった過去がある自治体なので、2017年4月の通達でどうなるかは気がかりなところ。とりあえず4月22日現在ではパソコン配布を継続中なので、今のうちがチャンスかもしれません。


	ふるさと納税長野県飯山市 人気家電とスキー・スノーボードのホットスポット!
長野県飯山市の返礼品一覧 | ふるさと納税  

長野県喬木村:

長野県高木市もふるさと納税でパソコンが貰える自治体ですが、2016年と比べてラインナップはかなり細ってしまった感があります(必要な寄附金額も引き上げられた?)。

そのうち、配布そのものをやめてしまう可能性も否めないので、EPSON製のパソコンやタブレット端末が欲しいなら、早めに申込が必須ですね。


	ふるさと納税長野県喬木村の寄附返礼品一覧|ふるなび
長野県喬木村の返礼品一覧|ふるさと納税  

ふるさと納税でパソコンを貰おう:

ここまでふるさと納税でパソコンが貰える自治体をまとめてさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

こんな感じで現在ではほとんどの自治体がパソコン配布から撤退してしまった現状があるので、残す自治体はほんとこのくらい(安曇野市など他にもあるにはある)。そのため、選択肢がなくて申し訳ないんですが、納税でパソコンが欲しいならこれらの自治体の中から自分に適したものを選んでもらえると嬉しく思います。

まぁ個人的にはNEC好きということもあって、山形県米沢市一択ですね。

以上、2017年4月現在でも、ふるさと納税でパソコンが貰える自治体まとめ!最新デスクトップやノートPCが欲しいなら、早めに納税あるのみです…という話題でした。

参考リンク:

自分がいくらまで納税可能かどうかわからないとか、ふるさと納税ってなんで実質タダでパソコンが貰えるの?という方は、下記記事も参考にどうぞ。

money.yomi-mono.com

株式投資したいけどどの銘柄を購入すればいいかわからない…という方は、全部プロに任せればOK。投資信託なら銘柄選びも丸投げできます。

Fund Key

『株式投資したいけれども、上場銘柄がたくさんありすぎてどれを選んで購入すればいいかわからない』という悩みをお持ちの方は多いもの。

実際、私も投資をはじめたばかりの頃は、ただ単に名前を知ってる…という理由だけで東京電力やライブドア、シャープといった株式を購入してましたが、仮にどれも持ち続けていたら怖いことになっていた銘柄ばかり(苦笑)。

こんな風に銘柄選びはしっかりやらないと、投資したお金がまるまる溶けてなくなってしまうことにも繋がりかねません。だからこそ余計に、どの銘柄を選んでいいかなんて初心者にはわかりませんよね。

だったらプロに丸投げするのもひとつの手:

そんな方におすすめしたいのが、プロに銘柄選びをまるまる丸投げできる投資信託(とうししんたく)というものを購入すること。

特にアクティブファンドやアクティブ投信(投信とは投資信託のこと)と呼ばれるものを購入すると、野村證券や楽天証券などの勤務しているプロが銘柄選びまでしっかりと行ってくれるメリットがあるんです。

例えば『JPMザ・ジャパン』というJPモルガン・アセット・マネジメントが運営&管理している投資信託を購入すれば、プロのファンドマネージャー(投資信託の管理責任者のこと)がその時その時にあがりそうな銘柄を購入したり売却してくれるので楽ちん。

日本の株式を主要投資対象とする。日本の産業構造が変化していく中で、利益成長性が高く、株主を重視した経営を行っており、かつこれらの状況を市場が株価に織り込んでいない企業に投資する。

2017年2月28日だと下記のような銘柄を保有しているようなので、こういった投資方針に賛同できるなら、購入することで銘柄選びに迷うことがなくなります。

f:id:cardmics:20170416154502g:plain

アクティブ投信のデメリットは?

そんなプロに銘柄選びを資産運用を任せることができるアクティブ投信ですが、デメリットがひとつ。それは信託報酬と呼ばれる、『銘柄選びをしてくれて有り難う』という手数料を毎日、少しずつ払っていかなくてはいけないという点です。

前述のJPMザ・ジャパンだと年間1.836%の手数料が必要で、仮に100万円を預けるなら毎年、1万8,360円の手数料がかかるといったイメージ。まぁこれを高いと思うか安いと思うかは人それぞれですが、初心者は自分自身で銘柄を選ぶと失敗も多いので、その保険代と思えば安いものかもしれませんね。

投資信託は証券会社で購入可能:

Money

最後にアクティブ投信はどこで購入できるのか…というと、JPMザ・ジャパンのような有名な投資信託ともなれば銀行や証券会社のほとんどで取扱があります。

反面、マイナーや投資信託や、証券会社独自の投資信託などは証券会社ごとに購入できるものがだいぶ違うということも。そのため、投資信託目的で証券口座を開きたいのであれば、取扱数が多い証券会社で口座開設をすることが重要ですよ(参考までに取扱投資信託数が多い証券会社をいくつか紹介しておきます)。

以上、株式投資したいけどどの銘柄を購入すればいいかわからない…という方は、全部プロに任せちゃえばOK。投資信託なら銘柄選びも丸投げできます…という話題でした。