読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金の勉強

クレジットカードやキャッシングなどの、お金に関する知識や最新ニュースを紹介するサイトです。

小田原市が4日間限定でふるさと納税にiPadを復活!返礼品としてiPadなどのタブレット端末が欲しい方は、今すぐ小田原市に納税しよう。

ふるさと納税

iPad mini with Retina display

神奈川県小田原市がどういう意図かはわかりませんが、4日間限定でふるさと納税の返礼品にiPadを復活させています。期間は2017年3月17日~20日までなので、納税でiPadが欲しい方は今すぐチェックしてみてください。

一時的にiPad配布は停止中:

ではなぜ今回、4日間限定という超短期間でiPadを復活させたのかというと、これはたぶん総務省からの通達による影響がありそうな感じ。

そもそも小田原市では2017年2月末をもってふるさと納税の返礼品からiPadを除外していた状況があったので、その後の半月間でなんらかの動きがあったのでしょう。その結果としての「限定復活」だと言えそうです。

一時的に停止中だけれども:

では今後、iPad miniやiPad Proなどのタブレット端末の配布はどこかのタイミングで復活するのでしょうか?これはもちろん小田原市の内部の方でもない限りわかりませんが、私が思うにはなかなか復活させることは出来ないんじゃないかなとは思ってます。

これは先程もチラリと書きましたが、2017年に入って総務省の監視の目が強まっている状況があるため、小田原市としても堂々とは募集できないという事情がありそうな感じ。だからこそ『あくまで期間限定なんだよ』という募集方法に切り替えた可能性は高そうな気がします。

  • 問題視される:常にiPadをふるさと納税で配布
  • 問題視されにくい?:期間限定でiPadをふるさと納税で配布

まぁ何にせよ、iPadを返礼品として貰いたいという方には嬉しい復活になっているので、iPadが欲しいなら小田原市への寄付を検討してみてくださいね(こちらから寄付可能)。

以上、小田原市が4日間限定でふるさと納税にiPadを復活!返礼品としてiPadなどのタブレット端末が欲しい方は、今すぐ小田原市に納税しよう…という話題でした。

参考リンク:

ふるさと納税でiPadなどのタブレット端末が欲しい方は、下記記事も参考に。Windows OSのタブレットなら、まだまだ配布してくれる自治体も多いです。

money.yomi-mono.com

株式投資の基本を学びたいなら『マンガでわかる株式投資!女子高生株塾』がおすすめ。投資の入門書として最適な1冊です。

投資 書籍

Analyzing Stock Market

もう発行から8年近くが経過した書籍ですが、未だにAmazonで高評価&値崩れがまったく起きていない株の入門書があります。

それが『マンガでわかる株式投資!女子高生株塾』。

これ、普通なら発売からこれくらい経過していると値崩れが起きて1円や100円といった金額で流通するものなんですが、この書籍は未だに定価の10%引き程度の価格で落ち着いている状況…。

  • 通常:発売から3年もすれば値崩れが激しくなる
  • この本:発売から8年近くなのに値崩れなし

このようにもはや異常といえるほどに価格が安定しているのは、やはり「買う価値がある書籍である」と多くの方に認識されているから。実際、Amazonのレビュー欄でも高評価が多く付けられているのが、その何よりの証拠なのではないでしょうか?

マンガでわかる株式投資! 女子高生株塾―一番売れている株の雑誌ZAiのNo.1人気連載が待望の単行本化!

マンガでわかる株式投資! 女子高生株塾―一番売れている株の雑誌ZAiのNo.1人気連載が待望の単行本化!

 

株式投資をはじめる方におすすめ:

では『マンガでわかる株式投資!女子高生株塾』の中身はどのようなものなのでしょうか?これは言うまでもなく、株式投資をこれからはじめる方に適した内容が書かれているわけですが、ストーリーとしては株の教師が女子高生に株式投資とはなにか?と授業形式で教えていく形が取られています。

例えば株式会社とは何なのか?といった基本の基本からしっかり解説されているかと思えば、空売りとは何なのか?といったちょっと高度な知識までをわかりやすく図解で解説してくれているのはこの本の良いところ。

更に実在する企業の事例を使った解説もふんだんに取り入れられているので、この本を読めば「なるほど、経済はこういう風に動いているのか?」ということがイメージしやすくなること間違い無しです。

株式投資の知識がある方にも:

また、株式投資経験がある程度ある…という方もこの本はおすすめ。

…というのもオプション取引とは何か?など、株式投資とはなにかをわかっている方でも、よくわかっていないことが多い部分の解説もふんだんに取り入れられているためです。

そのため、知っている部分は復習がてら、知らない部分は新しく勉強するつもりでこの本を読めば、より投資に関する知識を得ることが出来るので、結果として投資成績も良くなっていくかも?

まぁ知識がある=投資で必ず勝てるわけではありませんが、知識はあるに越したことはないはずなので、是非、寝る前などの時間を使って『マンガでわかる株式投資!女子高生株塾』を読み進めてもらえればなと思います。おすすめです!

以上、株式投資の基本を学びたいなら『マンガでわかる株式投資!女子高生株塾』がおすすめ。投資の入門書として最適な1冊です…という話題でした。

長野県喬木村がふるさと納税の返礼品として、EPSON 14型ノートパソコンの配布を再開!各モデル10台のみの限定再開なので早めにどうぞ。

ふるさと納税

EPSON

しばらく配布中止になっていた長野県喬木村のふるさと納税返礼品「EPSON 14型ノートパソコン」ですが、2017年1月19日より10台の台数限定で再開されたようです。喬木村のふるさと納税サイトが情報を発信しました。

ノートPCの受付を台数限定ですが再開させていただきました!

ご好評につき、一時お申込みを制限させていただいておりました、14型ノートPCにつきまして、各機種「限定10台のみ」となりますが受付を再開させていただきました。

台数限定なので早めに申込しよう:

今回の14型ノートパソコン配布はあくまで限定10台のみの再開。

そのため、2017年1月中には在庫切れ状態になってしまうと思うので、ふるさと納税でノートパソコンが欲しい…という方は早め早めに申込をするようにしてください。

『いやいや、年初なんでいくら納税できるかわからないよ…』という方もいるとは思いますが、正社員の方であれば余程のことがない限りは安心して納税可能なはず。自宅用のパソコンとしてちょうど良いスペックなので、このチャンスを見逃さないようにしてもらえればなと思います*1

EPSON製のエンデバーにこだわらないなら:

尚、EPSON製のノートパソコンに特にこだわりがない…という方は、他にも山形県米沢市などがノートパソコンの配布を行っています。

こちらはNEC製のパソコンになるので、昔からNEC製のパソコンばかりを使っていた…という方は、こちらもあわせて狙ってみてくださいね。

以上、長野県喬木村がふるさと納税の返礼品として、EPSON 14型ノートパソコンの配布を再開!各モデル10台のみの限定再開なので早めにどうぞ…という話題でした。

参考リンク:

同様にiPadなどのタブレット端末が欲しい…という方は、下記記事も参考に。いつまで貰えるかはわかりませんが、この記事で紹介している自治体へ寄付することで、最新のiPad miniやiPad PROが貰えますよ。

money.yomi-mono.com

*1:14型のノートパソコン以外は通年、ふるさと納税の返礼品として登録があります。ただその配布自体も総務省の通達次第で停止させられてしまう可能性があるので、早めに納税しておくことに越したことはありませんよ(納税してしまえばパソコンは確実に貰えます)。